防犯センサー

セキュリティで防犯対策  

ようこそ HOUSE-SECURITY.org へ

防犯センサー

映像を映すのみのカメラとは違って、不審者の宅内への侵入自体を検知するのがセンサーの役割です。
そして、その防犯センサーの設置場所や“何を検知するか”により多種多様な種類があります。
大きく分けると、ドアや窓などの侵入場所の開閉状態や異常状態を検知するセンサーと、空間内(部屋)での侵入者の存在を検知する防犯センサーがあります。又、防犯センサーからの異常信号を集めて監視センターに送信したり、警備の開始、解除を行なうものを防犯コントローラーと称します。
下記では防犯センサーと防犯コントローラーの機能を紹介します。

recommend

ネイルスクールを東京で見つける

2018/12/27 更新

・マグネットセンサー
ドアや窓など侵入場所の開閉、異常状態を検知

マグネット等を用いてドアや窓の開閉状態に反応するセンサーです。
開閉するドアや窓の開口部に設置し、開閉時に接点の有無でセンサーが反応することにより異常信号を送信します。

 

・空間(部屋)での侵入者の存在を検知
空間センサー

この空間センサーは各社とも様々な呼称で呼んでいて、一般的にはではパッシブセンサーと呼びます。
これは人体が発する熱や赤外線を検知し、空間や部屋に不審者が侵入した事実を捕え特徴があります。

 

・その他センサー
不審者の高感度侵入検知に加えて、契約者が在宅中に不審者に気付き、緊急事態として監視センターに手動で信号を送る非常通報ボタンを備えています。または、火災センサーやガス漏れセンサーなど侵入盗以外の異常事態を検知するセンサーも各社で導入しています。

 

・コントローラー
コントローラーの特徴
大きさやスイッチの形状なども各社様々で、警備の開始、解除などもカードで行なったり、ボタンや暗証番号を使ったりと多種多様です。なお、もし加入の際にはこの点もしっかり確認しそのメリット、デメリットも押さえておきたいものです。

 
 

トップページ

ホームセキュリティー@

ホームセキュリティーA

防犯カメラ

防犯センサー

お問い合わせ



効果的なセキュリティで泥棒対策にも最適

Copyright (C) 2008 house-security.org. All Rights Reserved.